憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

今、陸上界で話題の「サニブラウン 快挙」を考察してみた!

ニュース

今、陸上界で話題の「サニブラウン 快挙」を考察してみた!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

サニブラウンってどんな経歴をもつの?

福岡県出身[1]。ガーナ人の父と日本人の母を両親に持つ[3]。父親はガーナでサッカー選手の経験があり、母親はハードルで全国高等学校総合体育大会陸上競技大会に出場した経歴を持っているアスリート一家であった[4]。サニブラウンも子供の頃はサッカーに取り組み、ポジションはフォワードだったが、小学校3年生の時に母親からの薦めで陸上競技を始める[3][4]。
中学校、高等学校と城西大学附属城西中学校・高等学校に進学し[5]、クラブ顧問の山村貴彦(元日本代表・シドニーオリンピック出場)の指導を受けるようになり、高校1年生時の第69回国民体育大会100m(少年B)に10秒45で優勝[3]。2015年1月には、東京オリンピック代表選手候補に期待される日本陸上競技連盟の「ダイヤモンドアスリート」に認定された[3][6]。
高校2年生となった2015年6月の日本陸上競技選手権大会は3着と同タイム着差ありの100m2位、2着と同タイム着差なしの200m2位であった[3]。2015年7月にコロンビアのサンティアゴ・デ・カリでおこなわれた第9回世界ユース陸上競技選手権大会では、100mに10秒28、200mに20秒34と共に大会記録で優勝し、2冠を達成した[7]。
また2015年世界陸上競技選手権大会(中華人民共和国北京市)日本代表にも選出され、男子200mでは準決勝に進出し[8]、男子4×100mリレーでも予選でサニブラウンを温存して決勝レースでのアンカー起用の構想があったが、日本チームが予選敗退を喫したため、幻に終わった[9]。
2015年の国際陸上競技連盟年間表彰『IAAF World Athletes of the Year for 2015』にて、「RISING STAR AWARD」(新人賞)を受賞することが発表された[10][11]。
2016年11月10日、2017年の秋期からフロリダ大学に進学し、練習拠点もフロリダ州ゲインズビルに移すことを発表[12]。
第101回日本陸上競技選手権大会男子100mでは、予選・準決勝と10秒06をマークして決勝進出、当時の自己ベストを0秒12縮めた。決勝では突然の雨の中、更に縮めて10秒05のタイムで初優勝を勝ち取った。男子200m決勝でも20秒32の自己ベストで初優勝、2003年の末續慎吾以来14年ぶりとなる短距離二冠を達成した[13]。

出典 http://ja.wikipedia.org

ボルトのもつ史上最年少記録を更新!

各種メディアで関連記事を拾ってみました

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸